広告
(`ー∇ー´)φ Kindle本、始めました。

河馬追物 / 越智 夕恵

動物をモチーフにした短編集。5作品を収録。

信濃の国は / カッコウの呼ぶ声 / 月のウサギ / 登攀ガエル / 河馬追物

[Kindle価格] ¥100.

お勧め
Tool&Tips
巨樹巨木
作品
電子出版 / KDP備忘録
広告

Home » 作品 » 山行記 : 2001/10 上高地・涸沢・奥穂高岳・岳沢

[山行記]2001/10 上高地・涸沢・奥穂高岳・岳沢


単独。

2001年10月4日(木)

新宿23:00発(集合22:30)松本電鉄会員制バス「さわやか信州号」上高地ルートに乗車。

2001年10月5日(金)

早朝、上高地バスターミナルへ。小雨の中、涸沢を目指す。途中、横尾に着く頃には雨も上がる。涸沢の紅葉はピークをやや過ぎたとは言え、改築間もない涸沢小屋は布団1枚に3人が寝る。人の熱気で暑く、廊下で寝る人も多数。大人気のソフトクリームの売上げに貢献する。

2001年10月6日(土)

ジャンダルム

早朝、快晴の下、小屋脇の樹林帯を抜け、ザイテングラードへ向う。取付までの単調な登りよりも、後の岩場を楽に感じたのは気のせいか。岩に手を使ううち、家で切り忘れた爪が折れ、奥穂高岳山荘のテラスで涸沢の紅葉を眺めながらの爪切り。その間、ザイテングラードで1人滑落したとの知らせに、飛ぶように駆け下りる救助隊のカッコ良さ。彼らの仕事を増やすまい。

奥穂高岳の手前、ジャンダルムの存在感に圧倒される。頂上に目を凝らすと、手を腰に仁王立ちする人影。奥穂高岳山頂、特に展望盤と祠は混雑を極める。記念撮影のために「奥穂高岳  3190m」と書かれた木の板を奪い合う様子は、さながら「現代日本の奇祭」と言ったところ。単独男性がインスタントラーメンを作りながら、そこに卵を入れるこだわりを熱弁する。はるか彼方に白馬岳。視力矯正手術後の目の調子は良い。

奥穂高岳山頂

紀美子平手前ですれ違った御婦人は、昨年10月に今来た道で御主人が滑落死、これから事故現場に行くとのこと。互いに「お気をつけて」を言い合い、別れる。晴れ渡る青空にはヘリコプターがひっきりなしに飛ぶ。改めて気を引き締める。

紀美子平では、男子学生2人がイワヒバリを見て「ライチョウの雛だ」「違う、小さ過ぎ」「登山客から餌もらってこれからブクブク太るんだ」と笑わす。休憩後、前穂高岳は登らず岳沢へ。例により下りで足をやられ、岳沢ヒュッテに着いたのは夕食時。疲れから食欲がなく、夕食も頼まず和室の相部屋に潜り込む。普段は個室として使う部屋を、客の多さに相部屋にしたそうで、蚕棚は確かに満員。罪悪感を感じつつ、1人1枚の布団に感謝する。

同室の御婦人曰く「娘が食堂で話好きのお爺さんに捕まってる。適当にあしらえば良いものをまともに相手するから…良い勉強だと思って放っておく」山女(やまおんな)はこうして強くなる。

翌日、筋肉痛に鞭打って上高地へ下山、「上高地温泉ホテル」の日帰り入浴で汗を流す。15:30発(集合15:00)の「さわやか信州号」でその日のうちに帰京。



(`ー∇ー´)φ Kindle本、始めました。

河馬追物 [Kindle版] / 越智 夕恵

動物をモチーフにした短編集。5作品を収録。

『信濃の国は』移住した信州での日々。

『カッコウの呼ぶ声』近未来の男女に関する一考察。

『月のウサギ』今昔物語に拠る戯曲。

『登攀ガエル』ニホンアマガエルとの交流。

『河馬追物』都会の奇妙な追跡劇。

[Kindle価格]¥100.