広告
(`ー∇ー´)φ Kindle本、始めました。

河馬追物 / 越智 夕恵

動物をモチーフにした短編集。5作品を収録。

信濃の国は / カッコウの呼ぶ声 / 月のウサギ / 登攀ガエル / 河馬追物

[Kindle価格] ¥100.

お勧め
Tool&Tips
巨樹巨木
作品
電子出版 / KDP備忘録
広告

Home » 作品 » 山行記 : 2007/09 栂池・白馬岳・唐松岳

[山行記]2007/09 栂池・白馬岳・唐松岳


母と2人。1999年に単独で縦走2002年に母の不調で途中断念したルート。悲願達成。

2007年9月9日(日)

錦糸町07:08発JR特急「あずさ」で白馬へ。

快晴。白馬と思えない残暑。

松本電鉄路線バスで栂池へ。ゴンドラリフト、ロープウェイと乗り継ぎ栂池自然園へ。村営栂池山荘泊。チェックイン前に自然園散策。きれいな建物。風呂付き。客は少なく、我々2人で1部屋。

2007年9月10日(月)

曇りのち雨。

白馬乗鞍岳頂上

天狗原で小休止。雨が本降りになりレインスーツ着用。白馬大池山荘で日本女性と外国人男性のカップル、コンロで昼食。仲睦まじい。

小蓮華山は山頂崩落のためロープが張られ立ち入り禁止。宝剣は確認できず。どうなった?白馬大池・三国境間、ライチョウ祭り。若いカップル?(やや小型の雄雌)が群れなす。悪天候中の救い。

白馬山荘では前泊同様2人で1部屋。乾燥室の混雑。夕食はレストランでハンバーグ。大きい。

2007年9月11日(火)

白馬鑓ヶ岳から杓子岳、白馬岳

快晴。

朝食はレストラン。朝日を見ながら最高のモーニングセット。母は広角付きデジタルカメラで撮影に夢中。登攀途中で母のストックの長さ調節。長過ぎると体重をかけづらい。

村営天狗山荘では前泊・前々泊同様、我々2人で蚕棚を独占する。オフシーズンのせいかスタッフは若い人ばかり。男性3、4人と女性1人。この日は天気が良過ぎてライチョウと会えず。

2007年9月12日(水)

天狗ノ大下りから不帰ノ嶮

朝は雨とガス。のち晴れ。

天気の回復を待って9時過ぎに出発。難所・不帰ノ嶮を前に焦りは禁物と思いつつスタートが遅れて気が急く。2002年に引き返した天狗ノ頭を通過。感慨深い。天狗ノ大下り途中から母が熱心に撮影。やはり感慨深い。

唐松岳から剱岳

一峰途中で20代の単独女性とすれ違う。曰く「怖かった~」が可愛らしい。天狗山荘では男性スタッフに熱烈歓迎されそう。二峰北峰のお立ち台(半畳ほどの一枚岩)はコースから外れた模様。あそこがメインイベントだったのに。とは言え鎖・梯子の連続を恐れず果敢に挑む母。曰く「槍・穂高と違って緑が多いので怖くない」不満があるとすれば「あと足が10cm長ければ…」私もステップには気を遣ったのだが。行動中はずっと遥か彼方の剱岳と、稜線上に舞うアサギマダラ(渡りを前にこの蝶はいたるところで風を読んでいた)に励まされる。

何とか日没前に唐松岳、唐松岳頂上山荘到着。

2007年9月13日(木)

快晴。

八方尾根を下山。八方池の鳥居がなくなってさびしい。八方温泉の宿で祝杯。

翌日は2人で飯森神社(奥の院が八方池)にお礼参りを済ませた後、白馬村を徘徊。翌々日に帰京。

悲願達成。



(`ー∇ー´)φ Kindle本、始めました。

河馬追物 [Kindle版] / 越智 夕恵

動物をモチーフにした短編集。5作品を収録。

『信濃の国は』移住した信州での日々。

『カッコウの呼ぶ声』近未来の男女に関する一考察。

『月のウサギ』今昔物語に拠る戯曲。

『登攀ガエル』ニホンアマガエルとの交流。

『河馬追物』都会の奇妙な追跡劇。

[Kindle価格]¥100.